FC2ブログ

みゅぜ:NHK

ここでは、「みゅぜ:NHK」 に関する記事を紹介しています。
Total:  Y:  T:
ごゆっくりどうぞ~
*しょっぷのお仕事について*
地味~な絵のお仕事についてのご案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消え行くもの達への挽歌


 魂の底へ、降り積もる、積もり凝る薄く濃い温かさ。

 選ばれて現れたもの。

 選ばれて消えていくもの。

それはきっと美しい選択
それはきっと世界にぴったりの

 選ばれてここに、どうして選ばれたのか、尋ねることは許されない。
 結果だけを見つめて、だからわたしはここに立って生きていく、その底の床は温かいでしょうか。

 わたしは、わたしの隣に立つものに、祈り続けます。
 一緒に、ここに立とうと。祈り続けます。

Soft Wear:Painter Classic 1.0
スポンサーサイト
優しさの芽生え


 優しいという感情が生まれるのは、実はとても大変。他人が誰なのか、自分が誰なのか、誰が大事なのか、好きっていうのは何なのか、それを守るためにはどうすればいいのか、それが分からないと、優しさは生まれない。とても、とても時間がかかる。

 脳があるから感情が生まれる訳じゃない。僕らがどんなにせっせと働いても、中々生まれてくれない感情だってある。殆ど何もしなくても勝手に生まれちゃう感情だってある。楽しいとか、嬉しいとか、哀しいとか嫌だとか、そういうのは割りと簡単に生まれてくれる。

 でも優しさは難しい。僕らはここで、一生懸命、優しさの種っていうのを探す。こんなに優しい花が咲いてるんだもの、何処かにあるんだ。一億株に一つくらいの確率で、僕らはその種を見つける。

「見つけたよ。素敵な『優しい気持ち』を見つけたよ」

 お知らせしなきゃ。

 これは、凄く凄く、大変なこと。とっても、とっても素敵なこと。だから、『優しい』って気持ちを持つのは、凄く大変なこと。そして、とてもとても素敵なこと。
 凄い、ことなんだよ。


***
アナログ水彩をスキャンしたもの。2002年の作品
魂の共鳴


 しー…。静かにして。ここでは声を立てたりしてはいけない。ここは、とても大切な場所なんだ。ここは、魂の座。ここは、その人の何たるかが直に存在している場所。冷たく、蒼い炎の輝きは、まさにその人の魂。

 ここは、僕達でさえ、何もしてはいけない所。ちょっとでも物音を立てると、ほら、足元の水鏡が波打ってしまう。あぁ、いけない、いけない。危ない、危ない、炎が揺れてしまう。

 遠く、上の方で何か音がする。泣いている? 笑っている? それでもここはとても静か。何も変わらない。変えられないからだ。足元にしんと冴え渡る水の床と、立ち上る魂の炎と、そしてあそこに、何かの芽生え。確かにこの人が今生きているという証。あの人の魂が確かに存在しているという証。

 静かにして…。ここでは音を立ててはいけない。
至福の瞬間


 愛されたという記憶は、脳と精神の奥深くに根を下ろし、静かに、そのときを待っている。

 あなたに逢えて、よかったと、あの日、言ってもらえた言葉を、いつまでもいつまでも繰り返し、いつの日か、この口から自然に零れ落ちるのを待っている。

 嗚呼、その時が来るのを、深く、温かな海の底で、幸せという名前を与えられるのを、待ち続けている。

世界は、美しいのだよ、と
寂しさは、愛しいのだよ、と

たった一つの言祝ぎの言葉が、いつか種となって、あなたの許で花咲くように。
 その祈りの瞬間は、常世の花となって至福の時を刻んでいる。

Soft Wear:Painter Classic 1.0

懐かしき時夢


 彼岸の花咲く、黄昏の丘。夢を見ると、いつもここへやってくる。赤い風車を彼岸花の脇に差すと、花弁をくすぐっていく風に、羽根が静かに回る。

 まだ、向こう岸には行けないこの川には橋がなく、水面を走ってくる風に漣が立ち、また風車の羽根がカラカラと巡る。一体、誰に見せるつもりで、最初は持ってきていたのか、僕にももう分からない。

 だけど、いつだってここは夕暮れ時で、しずしずと上から垂れ込めてくる夜の深い帳が吸い込む向こう岸には、ただただ冷たい石の小さな山ばかりが、ぼんやりと浮かんで見える。

Soft Wear:Painter Classic 1.0

遙かなる時の旅路


 記憶って、一体どこにあるんだろう。気持ちって一体どこから来るんだろう。魂って、どこで生まれてるんだろう。

 脳に線路が通ってて、色々な駅があって、もしそこを旅することが出来たなら、終点は、一体どこなんだろう。どこに、行くんだろう。遠い遠い記憶のどこかで、僕達は覚えているんだろう。そんなことを、実はずっとずっと考えていた、あの温かい海の中のことを。

 狭いけど、とても温かかった。安心してそんなことばっかり考えてられた。今となっては、とても手の届かない所に行ってしまったけれど、その遥か彼方の温かい海。きっといつかは戻っていくのだろう。遠く、遠くまで続く線路をとぼとぼと歩いていくような人生の先に、きっと待っていてくれるのだろう。

 この遥かな道の先には、今いつも僕と一緒にいて、僕の考えを助けてくれてる、脳って所があって、その何処かに続くような、長い長い線路が伸びている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。