どこの細道(みゅぜ:マヨヒガ)

ここでは、「どこの細道(みゅぜ:マヨヒガ)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てまりうた


 お引越し第2弾(多分数えるのが面倒になるくらいいっぱいある)

 手まり唄って不思議なものが多いですよね。私も小さいころはよく手まりで遊びましたが、意味もよく分からず歌いつけていたものが沢山。地元が熊本だったので、洗馬子狸の「あんたがたどこさ」は地元唄としてよく遊んでいました。

 構図としてわざとちょっと斜め上で切れているあたりが趣味です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この絵、好きだなぁ♪
鞠つきの少女と色の対比がやっぱりいい。
赤と黄色ってなんとなく遭魔ヶ刻のイメージっぽい(笑)
なんというか、すず先輩の絵って動作の一瞬を切り取った感じですよね、うまーくハッとするような、目に焼きつくような、そんな動作の一瞬。
そういうところに惹かれます♪
2006/09/12(火) 19:45 | URL | ハスミ #sheKOnpw[ 編集]
おぉう、ありがと~~♪
描いた本人も何気にとても気に入ってる一枚だったりします(笑) 「あんたがたどこさ」とは違うやつだけど、「てんてんてぇまりてんてまり~♪」という別の手まり唄を口ずさみながら描いたものでした。

>黄色と赤は
 うん、確かに!ビビッドな色で暖色系は否応なしに太陽の色に行っちゃう部分あるけど、黄色から赤のビビッドな色は夕暮れのルミナスな色を思い浮かべるよね。
 逢魔が時……いいね、いい言葉だ(え)この言葉好きなのよねぇ……

>動きの一瞬
 わーいv そういってもらえると凄くうれしいでぃす♪自分でも割と気をつけて描いてる部分でもあるので、動きを感じてもらえたらとても嬉しいv
 ハっとなんて!していただけると冥利に尽きますわ~。

 絵はどうしても止まってるものだから、やっぱり動きが出せたらそれは凄いことだろうなぁと思うし、出来ればすばやくなくても、ゆっくりした動きでも、それを感じられるようなのが描けたらいいなぁといつも思ってます。
2006/09/12(火) 19:56 | URL | あおり@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soraneko520.blog21.fc2.com/tb.php/115-1bd40865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。