世代を感じる

ここでは、「世代を感じる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 数日前からテレビで予告していた「デッドエイジ」なる世代ギャップ検証番組を見ていましたら、段々自分の年齢を疑いたくなってきました。あおりです(ヒロシ?)

 こことは別のネット仲間の内ではもう随分長いこと年齢詐称疑惑が掛けられている自分ですが、テレビ番組とはいえ、若い世代のことをコレほど知らないのもなんだかなぁという気分になってきます(←一応20代のセリフ)
 デッドエイジというのは、要するにある事柄や言葉に対して、世間一般に通用しなくなる年齢のボーダーラインのようなもので、流行ったものによっては20歳以下には通じないとか、逆に新しいものになると40歳以上には通じないとか(逆デッドエイジと言うらしい)そういうものらしいです。
 で、あおりの場合は、ご多分に漏れずというか、逆デッドエイジの方が「知らな~い」なことが多く、普通のデッドエイジの問題は「懐かしい~」とかになってしまっているわけです。えぇ、実年齢を考えると全く逆の反応が望ましいんですよね、ホントは。

えぇ、今回の放送を見ていて、はっきりと分かったこと。やはりその仲間内で掛けられている年齢詐称疑惑の通り、あおりは30代なのかもしれません……。おかしいなぁ、一応20代だと思うのですがね。

でも、あの番組に言いたいことが2つほどあります。1つは番組に、というか若い世代を中心に日本人に言いたいんですけども。特に番組のパネラー。
 1つ、逆デッドエイジで取り上げる内容、「シブシブ」にしても「ギャルサー」にしても、それは主に東京か広くても関東圏内に住んでないと分からないじゃないかと思うのですよ。「ギャルサー」に関しては、雑誌で取り上げられるなら全国区かもしれないけど、でもその手の雑誌を読まない若い世代だって居るでしょう、大勢(少なくともあおりは読まん、全然読まん)でも「シブシブ」は明らかに東京のものですからね。関西その他の人間は知ったこっちゃないですよ。そんなあおりは純粋に献血が好きです(テヘ)
 そしてもう1つ、「通じない言葉」のコーナーで問題にされた(サンプル以外)言葉、それは流行語でも何でもなくてただの諺じゃないですか。それってデッドエイジに関係あるんでしょうかね?単にモノを知らないか知ってるかの判別になるだけで寧ろ番組としては「赤っ恥青っ恥」方面の内容なのでは?
 「その手は桑名の焼き蛤」とか(悪いがあおりには通じるぞ、デッドエイジ29歳とか言われてたがあおりにはOKだぞ。当たり前田のクラッカーだって使うし通じるヤツですからね、あおりは)「みーちゃんはーちゃんも知ってる」とかってのは世代に関係あるでしょうからそっちを問題にすればよかったのでは?「豆腐にかすがい」とか「武士は食わねど高楊枝」なんて、それって世代で関係するんでしょうかね?
 大体にして「豆腐にかすがい」のデッドエイジが19歳ってどういうことですかアナタ。大学生じゃないですか、普通に。じゃあ「ぬかに釘」も「暖簾に腕押し」も知らないんでしょうかね?「馬の耳に念仏」と微妙に混じった諺作ってた人も居ましたけど……
 それに「武士は食わねど~」のデッドエイジが32歳ってどういうこと。それ以下に通じないってどういうこと。20代の連中全滅ですか?

 日常で使うか使わないかが問題じゃない部分も大きいと思うんですがね、諺や喩えの世界というのは。ユーモアと実益を兼ねた豊かな言葉の世界でしょう?そのくらい考えたり使ったりする頭の「ゆとり」があってもいいんじゃないでしょうかね?

 ぶつぶつ……段々情けなくなってきますよ……

そんなあおりは「モーラー」にも憧れ、「キョンシー」遊びに興じ、「やまかつWINK」の歌が大好きだった不思議な世代の記憶を持つ人間です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そもそもそういう番組を見ていない点でデッドエイジな私です。いや、一回見たなあ。

番組の趣旨からすれば俗語を使うべきなんでしょうけど、諺とごっちゃになってるということは、製作者側の教養の問題ですね。
(諺と俗語の線引きは、まあおいといて)

番組としての着眼はいいと思うし、うまくすれば、貴重なサンプリングができると思います。アカデミックな連中はこういう番組を利用してサンプリングすれば、いくらでも論文がかけるのにと、関係ないことを、ふと思った民間の親父でした。うはは。
2005/09/27(火) 23:26 | URL | のほほん父さん #-[ 編集]
レス遅くなりました~。

ホント、着眼点は面白いですよね。見てて楽しめたのは事実なので、中身をもうちょっと厳選するか、制作側も考えてほしいなぁと思った次第です。番組自体はまたあるようなことを言っていたので、次回どうなっているか見たいと思います。
 サンプリングに関しては、管理が大変そうですね。年齢や地域、性別や地方の教育内容や教育伝統の調査も必要でしょうね。どういう方面というかポイントの論文にするかにもよりますけど(苦笑)などと変にマジメに考えてみる人……
2005/09/29(木) 02:48 | URL | 管理人あおり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soraneko520.blog21.fc2.com/tb.php/49-77045515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。