FC2ブログ

大地炎ゆ(みゅぜ:姫神)

ここでは、「大地炎ゆ(みゅぜ:姫神)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地燃ゆ



夕日に焦がされて広がる世界、空も雲もはてしなく紅に染まっていく。

繋いだ手を離さないで。
ただもう少しだけここに居たいんだ。ただ、それだけなんだ。
別れ行く人の背中に温かな日の光の腕が伸びる。風が肩を撫で、背中を押す。

どこまでも広がる大地が僕らの足を運ぶから。
覚えてるだろう?あの沈む日が僕らの家。
この寒い夕暮れの光の中で、土と草と木をすり抜けていく風だけがとても優しい。包むように優しくて、刺すように冷たい。

繋いだ手を離さないで、もう二度と。
夕日を横目に、遠くから僕を呼ぶ。いっぱいに手を振る。
その声が、どこまでも、どこまでも聞こえる。




*************************
最近聞いている姫神の曲の中で1位2位を争うヒット曲です、「大地炎(も)ゆ」昔はそんなに好きでもなかったんですが、何だろう、この郷愁はと目をつぶれば涙が溢れそうになるほど胸が切なくなる音。
 子どもの頃を思い出すことが多くなっている所為なのかどうか分かりませんが、「夕凪の賦」と合わせて、夕暮れの故郷と幸せだった時代を思い出させる名曲です。
 何となく、阿蘇の草千里の夕暮れを思い出しもする(熊本人ですから、ほら(笑))
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soraneko520.blog21.fc2.com/tb.php/94-240767b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。